銀行カードローン審査

銀行のクレジットカードはどんな感じ?

相談
審査は厳しくても、メリット豊富の銀行カードローン

金融会社から借り入れを申し込む時、真っ先に検討してほしいのが銀行カードローンです。

銀行カードローンは、クレジットカードや消費者金融より、かなり低い金利で融資を行っており、低額の借り入れも高額の借り入れも、支払い利息をかなり安く抑えられます。

たとえば、50万円程度の借り入れをする場合、クレジットカードや消費者金融であれば、18%程度の金利が適用されるのが一般的ですが、これが銀行カードローンになると、14%程度にまで下がります。

低金利で融資をするからには、銀行における審査は他の金融会社よりも厳しくなっていますが、返済期間が長期にわたる場合などは、支払い利息の額が十万円単位で変わってくるので、お得度は段違いです。

また、銀行カードローンでは、数百万円単位、銀行によっては1,000万円といった高額の融資が可能になっており、クレジットカードの融資額とは桁違いになっています。

総量規制の対象にはなっていない金融機関

クレジットカード会社や消費者金融は、申し込み者の年収がどんなに高くても、年収の3分の1が融資の上限という「総量規制」の対象になっています。

この法律が、クレジットカード審査に通らない理由になっているのが事実です。

しかし銀行カードローンの場合は、総量規制の対象外で、銀行が返済能力があると判断した場合、年収の3分の1を超えた借り入れが可能になります。

少額の利用はもちろんのこと、教育資金や住宅の修繕といった、まとまったお金が必要な時にも、銀行カードローンは威力を発揮します!

矢印
申し込み