クレジットカード審査通らない

クレジットカード審査に通らない理由とは?

見出し
クレジットカ-ドを作りたいのになかなか審査に通らないとお悩みの方!クレヒスや収入の基準などなかなか厳しい問題があるのも事実!当サイトは審査基準や通らなかった理由をしっかりと考えてその対策方法と、審査に通りやすいクレジットカードをご案内します!

クレジットカード審査にお悩みの方におすすめ!

ACマスターカード
  • 年会費無料・審査は最短30分
  • 安定した収入があれば審査の対象に
  • パート・アルバイト・派遣社員も可
  • 支払いはネット・コンビニATMでも
  • 海外でも利用可能なMasterCard

金利 10.0%~14.6%
(※ショッピング利用時)
利用限度額 300万円
審査時間 インターネットで最短30分
スマホ可
利用目的 ショッピング
キャッシング
審査対象 派遣・アルバイト・主婦・学生もOK
※20歳以上安定した収入のある方※専業主婦不可
最短融資 最短1時間で利用可能
矢印


クレジットカードの審査は、他のカード審査に役立つ?

相談

今や、国民の80%以上の人が持っているクレジットカード。

クレジットカードは、デパートやショッピングセンターなどの店舗と提携しているカードが多く、そのお店でのショッピングをカードで支払うと、さまざまなポイントが付いたりするので、お店ごとに何枚ものクレジットカードを持っている人もいるようですね。

でも、気軽に申し込みができるクレジットカードですが、申し込みの時にはしっかりと審査が行われていますので、クレジットカード審査に通らない理由もあります。

こうしたクレジットカード審査に通らない理由を知れば、実は、他のカードローンなどの審査に役立つことが多いんです。

クレジットカード会社も金融会社ですから、ショッピングにしろキャッシングにしろ、利用者に代わって立て替え払いをしたり、融資をするという点では、銀行カードローンや消費者金融と同じです。

そこでこのサイトでは、クレジットカードの審査に落ちてしまった人の声を参考にして、各カードローンの特徴や審査に通過するコツ、おススメの金融会社などをまとめていました。

法律で決まっている審査基準もある

クレジットカード審査に通らない理由で多いのは、

  1. 他社からの借り入れ額が多い
  2. 仕事に就いていない
  3. 過去に支払い遅延をしたことがある
  4. 申込書の内容と事実に相違がある

といったことです。

こうした内容は、クレジットカードに限らず、他の金融会社にも当てはまります。

上記の(2)~(4)番は、金融会社独自の審査基準ですが、(1)に関しては法律で定められていることで、その法律に反して融資をした金融会社は、処罰されることになっています。

具体的な内容は、他のページで詳しく説明しますが、クレジットカードも消費者金融も、融資できる上限は、申し込み者の年収の3分の1以内で、これは1社からの融資額ではなく、他社からの融資も含めた額になっています。

ただし、銀行カードローンに関しては、この規制が適用されません。

クレジットカードがNGなら、消費者金融などがおススメ!

もし、クレジットカードの審査がNGとなったら、銀行カードローンや消費者金融に申し込むことをおススメします。

ショッピング機能は残念ながらありませんが、キャッシング機能はクレジットカードより利便性が高いですし、金利の面でも特になるケースがほとんどです。

特に消費者金融は、クレジットカードより審査が早かったり、利用限度額が高いなどメリットが多いので、 サービス内容はもちろんのこと、申し込み時の利便性も、このサイトで確認してみてください!!

矢印
申し込み

クレジットカード審査に通らない理由の最重要項目とは?

相談
他社からの借り入れ額は最重要項目?

金融会社は、他社からの借り入れが多い申し込み者に対しては、融資をためらいます。

それは何故かというと、他社への返済が毎月ある状態で新たに融資をしたら、返済できなくなる時がくるのでは、と考えてしまうからです。

ひと昔前、消費者金融や一部のクレジットカード会社は、今よりも高額な利子をつけて融資をしていた時期がありましたが、それが原因で、返済ができなくなる人をたくさん生み出しました。

今では、国が定めた金利の範囲で融資をしていますが、すでに他社からの借入総額が多い人には、かなりの警戒心を持っているのが実状です。

したがって、この事実がクレジットカード審査に通らない理由にもなっており、通ったとしても、利用可能額がかなり低く設定されてしまいます。

消費者金融なら甘めに審査?

これに対して消費者金融は、他社からの借り入れ額を基準にしている点は同じですが、クレジットカードよりは甘めに審査をしているようです。

というのも、クレジットカードの場合は、ショッピングの手数料でも儲けられますが、消費者金融の場合は、融資でしか儲けられないからです。

基準としては、法律で個人に融資してもよいとされている額が、年収の3分の1なので、他社からの借り入れ額が年収の4分の1程度に収まっていれば、審査に通る可能性は高いでしょう。

一方、銀行カードローンはこうした国の基準が適用されないので、年収の3分の1を超えた融資も可能になっています。

とは言っても、銀行は消費者金融より厳しいので、年収が高かったり、勤続年数が長かったりしなければ、高額の借り入れは難しいようです。

矢印
申し込み

カードの返済能力とは?

相談
年収=返済能力の基礎

金融会社からお金を借りるにあたって必要なのが、返済能力です。

返済能力とは、文字通り、借りたお金を返す能力ですが、これは年収と他社からの借り入れ額によって計算されます。

年収が高ければ返済能力も高くなりますが、他社からの借り入れ額が年収の半分もあれば、返済能力は一気に低下します。

逆に、年収が低くても他社からの借り入れ額が0だったら、返済能力は年収が高い人より上と見なされてしまいます。

年収が高いのに、クレジットカード審査に通らない理由は、こうした点にもあります。

特にクレジットカード会社は、消費者金融から借り入れをしている申し込み者の信頼度を下げる傾向にあるので、 クレジットカードの審査に通らなかったら、消費者金融や銀行カードローンを選択肢に入れてみてください。

仕事に就いていない人がカードを作れるか?

このように、金融会社への返済能力というのは、仕事によって得た収入をベースにして計算して、審査されるので、仕事に就いていない人がカードを作るのは、非常に難しいです。

もちろん、クレジットカード審査通らない理由にもなります。

また、クレジットカードの場合、会社によっては勤続年数を重視するところもあるので、その点に不安がある人でしたら、最初から消費者金融に申し込んだほうが、無難かもしれません。

逆に、年収が高くて勤続年数も長い、他社からの借り入れ額も少ないという方でしたら、圧倒的に金利が低い銀行カードローンが、断然おススメです!

矢印
申し込み